会社法 319条では

「全員が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をしたときは、当該提案を可決する旨の株主総会の決議があったものとみなす。」

とされています。これをみなし決議、または書面決議と言います。

みなし決議にて株主総会の開催を行う場合は、招集通知の発送期限が存在しないため、株主からの同意さえ得ることができれば、最短で1日にて株主総会の開催を行うことができます。

FUNDOORでは実際に株主総会を開催するにあたって必要な

提案書兼同意書の発送や株主からの回答、回収を行うことができます。

💡 提案権同意書とは?

「みなし決議」にて用いられる株主総会の報告事項や決議事項について株主に説明し、
その内容に同意してもらうための書類です。

提案権同意書の内容に株主全員から同意を得ることで、株主総会を実際に開催することなく
「開催した」とみなすことができます。

みなし決議の開催方法

🚨 株主総会の開催前には株主登録をする必要があります。

株主の登録方法はこちらをご覧ください。

1. 株主総会の開始

株主総会一覧ページにある「株主総会を開催する」をクリックしてください。

2. 開催方法の選択

「事前同意を得ることができているので、みなし開催を行う」を選択し、「基本情報の入力へ」をクリックしてください。

回答が見つかりましたか?