🚨  事業者・スタートアップ向けのヘルプページです

🚨株主総会の開催前には株主登録をする必要があります

株主の登録方法はこちらをご覧ください

0.株主総会を開始

株主総会一覧ページにある「株主総会を開催する」をクリックしてください。

1.開催方法の選択

実開催かみなし開催か開催方法を選択し、「基本情報入力へ」をクリックしてください。

💡 クエスチョンマークをクリックすると各開催方法に関する説明が表示されます。

2.基本情報入力

基本情報入力では、開催する株主総会の種類、開催場所、開催場所の住所、開催時刻を入力してください。

🚨 すべて招集通知に記載される内容のため、お間違えの無いようにお気を付けください。

入力が終わったら、「書類の作成へ」をクリックしてください。

3.書類の作成

ここでは株主総会の議題(目的事項)を入力します。

①に議案を入力した後、②に議案の詳細を入力してください。

議案入力欄は③「入力欄を追加」をクリックすることで追加することができます。

議案を入力が終わったら、④「添付資料選択へ」をクリックして下さい。

4.添付資料選択

ここでは主に定時株主総会で必要な貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、個別注記表等の計算書類や事業報告書などを添付します。

また、取締役や監査役に関する議案で当該人物の経歴を掲載するなど

議案に対して詳細の説明が必要な場合に資料を添付してください。

添付ができましたら、画面右にある「自動作成される招集通知」の内容をご確認の上、「送信株主選択へ」をクリックしてください。


特に添付する書類がない場合は、何もせず画面右にある「自動作成される招集通知」の内容をご確認の上、「送信株主選択へ」をクリックしてください。

5.送信株主選択

ここでは招集通知を送る株主を選択します。

株主名簿が未作成、または最新出ない場合は株主名簿を登録してください。

招集通知を送りたい株主にチェックを入れたら、「確認へ進む」クリックしてください。

6.送信前の確認

作成した招集通知、選択した添付資料、送信先の株主が正しいかここで確認します。間違いがあった場合は、該当するフローまでもどって修正してください。


また、ページ下部の「送信されるメールにコメントを追加(任意)」では株主に向けたコメントを入力できます。

💡 例文も用意してあるので適宜編集してお使いください。


さらに、自分宛てにテストメールを送ることができます。実際に株主に送られるメールの内容を確認できます。


テストメールの確認が済んだら、「クレジットカード決済へ進む」をクリックしてください。

7.決済

以下のような決済画面が表示されますのでカード情報をご入力の上「¥〇を支払う」をクリックしてください。

最後にもう一度確認するモーダルが表示されますので、問題がなければ「送信」をクリックしてください。株主に招集通知が送信されます。

株主は招集通知を受け取るとこのようなステップを経て委任状の作成ができます。

💡 株主からの委任状が届くまで待ちましょう。ダッシュボードから再送することもできます

7.ダッシュボード

ダッシュボードでは株主の投票状況を見ることができます。

また、①②③では郵送用の招集通知、委任状、添付資料がダウンロードできます。

FUNDOORを使わない株主がいる場合、印刷して期日までに郵送しましょう。


株主総会が終了したら④から株主総会議事録を作成しましょう。

FUNDOORで自動作成するか、ご自身で作成したPDFファイルをアップロードすることができます。


8.議事録の作成

ここでは必要な情報を入力することで株主総会議事録を自動で作成することができます。株主総会が終了した時間、出席取締役、出席監査役、各議案の可決状況を入力し、「確認画面へ」をクリックしてください。

内容に問題がなければ、「この内容で保存する」をクリックしてください。

作成した議事録はダッシュボードからダウンロードできます。

🚨 議事録は本店では株主総会の日から10年間、支店では議事録の写しを5年間、備えおかなければならないとされていますので大切に保管しておきましょう。

回答が見つかりましたか?