🚨 事業者・スタートアップアカウント向けのヘルプです。

資本政策作成画面への移動

画面上部のメニューを「資金調達」>「資本政策」の順にクリックします。

そうすると資本政策を入力する画面に遷移します。



FUNDOORで資本政策を作成する(設立時)

①資本政策画面へ遷移いたしましたら、「設立ラウンド追加」をクリックします。

 クリック後、「ラウンド時期(設立日)」を入力してください。


②続いて、「株主の追加」ボタンから株式を交付する予定の株主を追加します。


③「株主の追加」では調達を行う予定の株主を1人ずつ追加できます。

こちらでは各株主から

・いくら調達する予定なのか?(調達金額)

・株式を何株発行する予定なのか?(発行する株式数)

を入力してください。


FUNDOORで資本政策を作成する(設立後)

①上記で設立時で行う手続きは終了です。

続いて、次ラウンドの手続きについて解説していきます。

「設立時」の右の「+次のラウンドを追加」をクリックしてください。

②こちらでは新たに「想定企業価値」の入力をします。

 VCやエンジェル投資家と交渉して決定した想定企業価値を入力してください。

(または、VC等と交渉して決定した株価と調達前の発行済み株式総数の積を入力してください。)

③ラウンドの追加後は設立時と同様に「株主の追加」を行います。

 設立時とは異なり、複数の資金調達方法を選択することができます。

 (株式・無償ストックオプション・有償ストックオプション)

 該当する資金調達方法を選択してください。


回答が見つかりましたか?