FUNDOOR 株主総会にて作成していただける書類のひな型につきましてはすべて弁護士の監修(2020年11月1日現在)を受けているため、上場の審査においても法的な書類としてご活用いただけます。

ただし、各株式会社の個別・具体的な状況を必ずしも反映していない可能性がございますので、各株式会社は、各株式会社の責任においてご利用されるとともに、必要に応じて弁護士等専門家にご確認ください。

回答が見つかりましたか?