現在のFUNDOORでは、株主名簿に同一のメールアドレスを違う株主として登録することはできません。

しかし、違う株主として同一のメールアドレスを登録したい場合の、対応方法を以下に説明します。


対応方法

1. 登録したい株主のメールアドレスがG-mailの場合、Gmailのエイリアス機能を利用する

同一のメールアドレスを複数の株主として登録したい場合に、登録メールアドレスがGmailの場合、エイリアス機能を利用し、かんたんに登録を行うことができます。

エイリアス機能とは? 

Gmailのエイリアス機能とは、通常のメールアドレスの「@」の前に「+△△」とつけることで、新しいメールアドレスとして利用できる機能です。

このメールアドレスを利用すると、登録時にはシステムに別のメールアドレスとして登録を行うことができますが、メールの送信先は同じなので無事株主の方にメールを送信することができます。

例) 株主の方のメールアドレスが「fundoor@gmail.com」の場合、1つの株主のメールアドレスを「fundoor@gmail.com」として登録いただき、他のメールアドレスとして「fundoor+other@gmail.com」」などのように登録を行うことができます。

2. 株主の方に別のメールアドレスをご用意していただき、別のメールアドレスを登録する。

回答が見つかりましたか?