本記事の目次
1. FUNDOORの資本政策機能の特徴
2. 株主名簿と連動した資本政策機能とは?
3. 資本政策のはじめ方
      3-1. まずはこれまでの資金調達の実績を入力しましょう。
      3-2. これからの未来の資本政策のシミュレーションをしましょう。

FUNDOORの資本政策機能の特徴

FUNDOORの資本政策はこれまでの Excelで作成した資本政策と違い、株主名簿機能と連動した資本政策を作成することができます。


株主名簿と連動した資本政策機能とは?

FUNDOORの資本政策機能は株主名簿と連動して作成されます。
これまでの資金調達の実績などの過去の情報を「株主名簿機能」にて、これからの未来の予測の情報を「資本政策機能」にて入力します。


株主名簿と連動するメリット

なぜわざわざ株主名簿と連動した資本政策を作成するのでしょうか。
従来の管理方法では、株主名簿・資本政策をそれぞれ別のエクセルなどのシートにて管理していました。しかし、FUNDOORではそれぞれの持つ同じ情報をデータとして共通化することで、これまでの別々で管理することで発生する業務をより効率化しています。

具体的にFUNDOORで株主名簿と連動した資本政策を作成することでのメリットは以下の2つです。

1. 情報の一元化により、常に最新の資本政策の作成が可能に

FUNDOORでは、株主名簿の情報と資本政策の機能が連動しているため、株主名簿を最新に保つことで、資本政策も最新に保つことができます。


2. 株主総会などの他の株主管理機能との連動による効率化

FUNDOORでは、株主名簿の情報が株主総会の機能や、IR機能などとも連動しています。そのため、株主名簿を入力することで FUNDOORを最大限に活用し、業務の効率化を行うことができます。


資本政策機能のはじめ方

資本政策機能の見方に関してはこちらを参照ください。

資本政策機能のダッシュボードの見方

実際に、 FUNDOORで資本政策機能を利用するためには以下の2つのSTEPを行います。

1. これまでの実績の入力
2. これからの資本政策のシミュレーション

1. まずはこれまでの資金調達の実績を入力しましょう。

まずは、資本政策機能をはじめるために、これまでの資金調達の実績を入力しましょう。入力方法はこちらの記事をご参考ください。


これまでの資金調達の実績の入力方法・編集方法



2. これからの未来の資本政策のシミュレーションをしましょう。

これからの未来の資本政策のシミュレーションの詳細な方法はこちらの記事をご参考ください。

資本政策上でのラウンド追加の方法

ご案内は以上となります。

ご不明点がある場合、FUNDOOR画面右下のチャットよりお問い合わせください。

回答が見つかりましたか?